コンピューターは電源をアップします

SKU
202201110929
¥1.50

製品名:コンピューター無停電電源装置
機器タイプ:オンラインUPS
市場投入までの時間:2010
定格容量:3KVA
出力電圧範囲:220V
入力電圧範囲:220V
待機時間:バッテリーによって異なります
変換時間:0ms
商品サイズ:140×362×267mm
重量:7kg
OEM:利用可能なOEM

UPS電源に関する注意事項:
1.定期点検
各ユニットのバッテリーの端子電圧と内部抵抗を定期的にチェックしてください。 12Vユニットバッテリーの場合、各ユニットセル間の端子電圧差が0.4Vを超えるか、検査中にバッテリーの内部抵抗が80mΩを超える場合は、各ユニットセルを均等に充電して内部バッテリーを復元する必要があります。各ユニットセル間の端子電圧の不均衡をブロックして排除します。均等充電の場合、充電電圧は13.5〜13.8Vになります。バランスが取れて充電されたバッテリーの大部分は、内部抵抗を30mΩ未満に戻すことができます。
無停電電源装置の動作中、UPS電源装置の内部充電回路では、各ユニットのバッテリの特性の経時変化に起因する上記の不均衡を解消することはできません。そのため、この特性の明らかな不均衡を伴うバッテリーが発生しました。グループが時間内にオフライン均等化を採用しない場合、その不均衡はますます深刻になります。
2.リフロート
UPS電源装置が10日以上シャットダウンされました。再起動する前に、UPS電源装置を無負荷状態で起動し、マシンの充電器副産物の電気回路を使用して10〜12時間以上バッテリーを再フロートさせてから、負荷をかけて実行する必要があります。
UPS電源装置は、放電プロセスなしで長い間フローティング充電状態にあります。これは、「すぐに使用できるストレージ」状態にあるのと同じです。この状態が長すぎると、「保管期間が長すぎる」ためにバッテリーが故障します。これは主にバッテリーの内部抵抗の増加に現れ、深刻な場合には数Ωに達する可能性があります。
バッテリーの使用可能容量は、室温20℃で1ヶ月保管した後、定格値の約97%であることがわかりました。 6ヶ月間保管すると、使用可能容量は定格容量の80%になります。保管温度が高くなると、使用可能容量が減少します。
したがって、ユーザーは20°Cか月ごとに意図的に主電源入力を抜き、バッテリーがインバーターにエネルギーを供給する状態でUPS電源装置を動作させることをお勧めします。しかし、この種の操作はそれほど長くはかからないはずです。負荷が定格出力の約30%になったら、約10分間放電してください。

More Information
Capacity <1Ah
Voltage12.8V
Write Your Own Review
You're reviewing:コンピューターは電源をアップします
Your Rating
コンピューターは電源をアップします